YTR8335SKMV神代修モデル【神代先生選定品】

ヤマハの名器に仲間入りするのか

「柔らかさと華やかさ」ですか。正にそれは神代氏のトランペットのベルから流れ出る音です。
以前聞いた神代氏の演奏は、オーケストラプレイヤーとは全く違う、正にソロプレイヤーを思わせる演奏スタイルでした。

その「神代モデル」と称するYTR8335SKMVですが、楽器を見て納得です。
まずマウスパイプですが、このマウスパイプは昔の古き良きヤマハを思い起こさせるマウスパイプですね。
あの頃のヤマハは抜けの良さと吹きやすさで定評がありました。

しかし、息抜けがいいと問題になるのは
吹き込んだ息が全て音になるのか?
音質が悪くならないか?

っということですが、この辺の解決策の一つとして2本支柱を採用しているのでしょうね。

昔のヤマハを知っている我々から見るとこの楽器は、今までのヤマハの技術を結集して作られたモデルであることがわかります。