高い音は腹筋で出すものですか?いいえアンブッシュアと息の圧力で出します

Q&A

質問

高い音についてなんですが、高い音を出す時は口を使うのではなく、腹筋を使うと聞いたのですが、あまり使えていないです。

高い音を出すには腹筋を使っていなきゃ練習の意味がないのですか?

今高い音がでるために、音は出なくても息を吹き込み続けるリップスラーをやってるのですが効果ありますか?

どういう練習をすればいいでしょうか?

回答

昔からそのような“言い伝え”はありましたよね(^^)

腹筋は高い音を出したり大きな音を出す時に呼吸器関係が強く働こうとして結果的に強張ります。だから昔は

腹筋を鍛えるべき!

という間違った考え(間違いでもないか・・・)が横行したのでしょう。

以前のメルマガでもお伝えしたようにトランペットは

“いかにして脱力しながら強く息を吐き出せるか”

がポイントだと思うんですね。息を出すために肺を収縮拡張させるのは肺のあちこちについている

横隔膜

という自分の意識だけでコントロールできない内臓筋肉によるもので、腹筋のみによって肺を収縮拡張しているわけではないんですね。

大抵の人の場合スムーズに息を出せないのに大きな音を出そうとしたり高い音を出そうとして腹筋はもちろん全身を強張らせて吹こうとしてもダメな原因は

喉です

僕的には腹筋を鍛えるよりも逆に出来る限り腹筋に力が入らないように、横隔膜だけ、呼吸器の動きだけで音を出すような練習というか試みをしてみるのもいいかなぁ~って思います。

高い音は普段のブレスコントロールで

音楽の世界にはわざわざ言われなくてもやるべき常識がいくつかあって、その中に

“低い音よりも高い音は大きく”

という常識があって、これをしっかり行うように練習するとアンブッシュアはもの凄く鍛えられます。

何しろただでさえキツい高い音を中低音の2倍以上のボリュームにしなければいけませんからね。でもそうして息を使うことでそれほど唇を締め付けなくても大きなボリュームで高温を出せるコツがわかってきますし

アンブッシュアに関する筋力とスタミナが鍛えられます。

イイ事はあっても悪いことは何もありませんのでブレスコントロールは是非常に心がけてくださいね。