高い音は腹筋で出すものですか?どう練習すればいい?

高い音は腹筋で出すものですか?どう練習すればいい?

質問

高い音についてなんですが、高い音を出す時は口を使うのではなく、腹筋を使うと聞いたのですが、あまり使えていないです。

高い音を出すには腹筋を使っていなきゃ練習の意味がないのですか?

今高い音がでるために、音は出なくても息を吹き込み続けるリップスラーをやってるのですが効果ありますか?

どういう練習をすればいいでしょうか?

回答

昔からそのような“言い伝え”はありましたよね(^^)腹筋は高い音を出したり大きな音を出す時に呼吸器関係が強く働こうとして結果的に強張ります。だから昔は「腹筋を鍛えるべき」という間違った考えが横行したのでしょう。

以前のメルマガでもお伝えしたようにトランペットは「いかにして脱力しながら強く息を吐き出せるか」がポイントだと思うんですね。息を出すために肺を収縮拡張させるのは肺のあちこちについている「横隔膜」という内臓筋肉やその付近のさまざまな筋肉によるもので、腹筋のみによって肺を収縮拡張しているわけではないんですね。

大抵の人(上手く鳴らせない人)はスムーズに息を出せないのに大きな音を出そうとしたり高い音を出そうとして腹筋はもちろん全身を強張らせて吹こうとして結果、喉が締まって息が出なくなります。

それよりも出来る限り腹筋に力が入らないように高い目の音を「パン、パン、パン、パン・・・」とアタックする練習をしてみてそれほど力を入れなくてもある程度高い音を出せる事を実感して欲しいと思います。

高い音は普段のブレスコントロールで

音楽の世界にはわざわざ言われなくてもやるべき常識がいくつかあってその中に

低い音よりも高い音は大きく

という常識があります。普段の練習から曲まで全てその常識にのっとって吹いていれば自然と高い音が出るようになりますよ。

Q&Aカテゴリの最新記事