トランペットの上達に欠かせない事・・・それは暗譜

私:「すみません、マウスピースが抜けないんですが・・・」
彼:「ヨシ!オレに任せろ!ソイヤ!ソイヤ!ソイヤ!オリャあ~~~~ッ!」
私:「あッ?そんなにがんばらなくても・・・・(泣)」

なんてこと、ありませんか?

 

コンクールはもちろん定期演奏会などのプログラムなども、一生懸命「暗譜」に務めている事と思います。

でも「楽曲」だけでいいのでしょうか?

私はむしろ「エチュード」の暗譜の方が重要ではないかとさえ思っています。

よく「初見力」をいろいろ言われたりしますが、この「初見力」と大いに関連があると思うのです。

「初見力」ってよくわかりませんよね?

一度練習した楽曲は数年後にまた演奏する機会があった時にスグに演奏できますよね?

それは音の動きやリズムを体が覚えているからですね。

でも演奏した事の無い楽曲はなかなかスグに演奏できない。

それは自分が初めて体験するリズムと音の動きだからです。

でも「初見力」のある人は練習した事の無い楽曲もスグに演奏できます。

なぜすぐに演奏できるのか、考えてみたことはありますか?

普段、色んな楽曲やエチュードを練習しますがそういった練習の中で色んな音の動きのパターンを体が覚えていきます。

その色んなパターンを体でたくさん習得された方が初見に強いのだと思います。

楽譜を「チラ見」しただけで「あ~こんなカンジね!」という具合にスグにイメージが湧き、演奏できるわけです。

習得している音の動きのパターンの少ない人は初めて見る楽譜は一度穴が開くくらいじっくり見てからでないと・・・・いや、それでもスグ演奏できなかったりします。

ではどうすれば色んなパターンを体で覚えていく事が出来るのでしょう?

たくさん練習するのはもちろんですが・・・・

そこで先ずは「暗譜」となるわけです。

しかし「暗譜」だけではいけません。

頭の中で「え~っと次は・・・」と考えながら吹いているようであればそれは自分のモノになったとはいえません。

指使いや音程を気にせず心から心酔しながらその楽曲を吹けるようになって初めて「自分のものになった」と言えるのです。

そのように「自分のモノにしたパターンの数の多い人」に「初見力」が付いてくるのです。

そのパターンは楽曲だけではなく練習する全てのエチュードもそうです。

「音階」「アルペジオ」

アーバンに記述があるもの全てを完璧に暗譜で練習すべきですが、わずかな練習時間しかない普通の人では大変な時間を必要とします。

ですから自分の与えられた楽譜、パートだけで結構ですので是非、「暗譜」するように務めましょう。

個人的見解ですが「暗譜」は演奏技術向上のための基本中の基本!いわば「当たり前」の事だと思っています。

私が「トランペット上達法」の中で指摘している事を最初は頭の中で考えながら練習するのですが、その際、エチュードや楽曲の楽譜を見ながら、次の音を追いかけ探しながら更に私の指摘している事を考えながら吹く余裕があると思いますか?

練習において色々考えながら吹くのは当然ですが楽器の演奏とは「瞬間」が非常に大事です。

練習とは・・・・練習時、考えている色んな事を無意識のうちに、自然に出来るようになることを目的として行うのが「練習」です。

いつまでも考えながら演奏するわけではありません。

無意識のうちに、自然にそうなるように練習するのです。

その練習の際、考えるべき事が少なければ少ないほど私の指摘している事に神経を集中させる事が出来ると思いますし、最後には「音楽」だけに集中できるようになるはずです。

あなたの最終的な目的は「トランペットを使って各種の音楽を表現する事」なのですから・・・

「オレ、記憶力無いから・・・」なんてのは「論外」です。

「暗譜」・・・あなたが思っているより「大事な事」ですよ。

 

■編集後記

第75回日本音楽コンクールトランペット部門本選の模様が今月(11月)の17日夕方7時30分から放送されるようです。

是非聞いてみてください。面白いと思います。

皆さん、本当に素晴らしいと思います。

でも、今このメルマガを見ているあなたもあんな風に吹けるんです。

あちらは演奏を「お仕事」にしています。

あなたは趣味として楽しんでいます。

あちらとあなたの違いはそのくらいでしょうか。