教え子が・・・上達しない・・・

先日、面白いメールを頂きました。

トランペットの吹き方に「困っていない」購入者です(笑)

~ここから~

先程、トランペット上達法のページを拝見しまして、なにかとてもわくわくして仕方
が無かったので食いつきました(笑)

僕は今、東京芸術大学の音楽学部を目指している者です。
これと行って困ることなく、(と言っても吹き始めは地獄でした)順調にここまで来ま
した。
ラッパを始めたのは中学生の時でしたでしょうか。

ラッパの先輩は、俺のためにご尽力して下さり、とても勉強になりましたが、自分は先輩の言った事ではなく、プロのCDを聞いたり、先輩がやっていたことを見ながらその技術を学んで(盗んで?)いたので、「○○したらうまく吹ける」、と言ったように、言葉でラッパの吹き方を上手く教えることが出来ません。

おかげで自分の後輩は、自分に頼りっぱなしになってしまい、どんどん僕の影に入っていってしまいました。。。

今、高校を卒業し、そんな後輩たちを教えています。
中学校の後輩も教えています。

でもなかなか上手くなりません(泣)

なるべく言葉を使って、実際に音を聞かせて、丁寧に教えているつもりです。
いや、丁寧には教えています。

でも、後輩たちには「真似をする」事が出来ないらしく、現役生よりも僕の方が「どうしたらいいものか…」と深く悩んでいます。。
やはり僕が昔やったことは、ほかの人にしたら難しいことなのだろうか・・・。

そんな時、このページを見つけて「これだ!」と思いました!
自分自身が他人にラッパを教えることもすごく勉強になるし、それ以上に自分ももっと上手くなりたいと思いました。

今「トランペット上達法」を読みながら自分と照らし合わせてみると、このトラン
ペット上達法に記載されている事は正しいと言うことが、確信を持てます。

僕自身、高校で吹奏楽部に入ってから引退するまで、ずっとトップ(いわゆる主席っ
てやつですね)を吹いていました。

そのころは、合奏の時はただひたすら「鳴らす」、「息を入れる」、「楽譜通りに吹
く」といったような事しかしか考えていませんでした。

調子の良し悪しはもうその日によって180°違いましたし、力任せで吹いていたから口はボロボロ、大会前に至っては無理がたたって音が全く出なくなりました。まぁ、そのせいもあってか口もだいぶ丈夫になりましたし、音量も人一倍大きく出せるようになりましたが。(笑)

引退してからは受験に専念しましたが、その時に一番意識したのが「発音」、「アタック」でした。
どうやったらあんなにキレイな発音ができるのだろうか?
あんなにきれいな音が出るのだろうか?、という具合に。今までは本当にただ鳴らす事しか考えてなかったんです。

発声を変えてから、やっぱり音も、リップスラーも、ハイノートも、跳躍も、自分ではびっくりするくらい変わりました。自分は昔アメリカにホームステイに行った事があって、発音などを細かく教えてもらった事があったから、発声を手に入れるまでに全く時間はかかりませんでした。

顧問の先生にも、部活の後輩や同期生にも「音が超きれいになったね」などなど、本当に信じられませんでした。

だから、ここに書いてあった発声の重要性には改めて実感しました。

ただ、この工程は「ある程度吹けるようになってから」必要になるのでは、と考えていました。
正直自分の未熟さを改めて思い知りました。

と言うか、このトランペット上達法に載っていることは、ほとんど僕が練習する時に意識していた事で、後輩達には全く違う方法で教えているのが現状です。
「自分は他人と変わってるから、自分のやってる事を教えるのはよくない」と考えてましたが、それが違っていた事、自分のやっている事は正しかった、という気持ちになりました!
後輩達にも、そして自分自身の大きな糧になりました!本当にありがとうございまし
た!

~ここまで~

珍しい購入者です。

自分はトランペットの吹き方には全く困っていなくて、今度「東京芸術大学」を受験しようと考えているのに、自分が教えている後輩たちがさっぱり上手くならない・・・という現実に困り果てての「購入」となったようです。

上手な方は「なぜ自分は上手く吹けるのか」解らないのかもしれません。

コチラの方は私の「トランペット上達法」を見て、「なぜ自分は上手いのか?」ということを改めて知ったのですね。

しかし、「教え方」に関しては、人それぞれです。「こうでなければいけない!」ということもないでしょう。

私のように自分の感覚をそのまま伝えようとする方もいればその感覚を何かに例えて伝える方、その感覚を掴むための練習曲、練習方法に特化する方、いろんな方がいるでしょうし色々あっていいと思います。

私が彼に対して感心したのは「他の者への指導に非常に熱心だ!」ということです。

トランペットの上手なアマチュアの方や音大生、プロの方もそうですが、皆、「指導に熱心!」というわけではありません。いや、むしろ少数派でしょう。

理由は色々あると思いますが、おそらく上手な方はいくらレベルが上がってきても「次のステップ」が見えてきて、そのステップを踏むのに忙しいのでしょう。

特に若くて「伸び盛り」の方などはそうでしょう。

しかし彼の場合、自分の教えている学生自身以上に悩んでいる・・・

人柄が出ていますね(爆)自分で「変わり者」とおっしゃっていましたが、少しのメールのやり取りでしたが私はそうは感じませんでした。
むしろ礼儀正しく、しっかりした考えを持った、爽やかなイメージの方に感じました。

この方はこれから音大を受験し、プロを目指していくわけですが、音楽全般の専門教育を受け、仲間を作り、音楽のある生活を楽しみながら音楽家、演奏家として大きく成長される事でしょう。

これからも幸多き人生になることを心からお祈り申し上げております。

 

■編集後記

最近、色んなメディアから「広告を出しませんか」「取材させてくれませんか」などの連絡を時々頂きます。

今は「情報ビジネス」の時代なんだそうです。
そこで私のような「情報販売」を行っている者が若干ではありますが、脚光を浴びるようになっているのでしょう。

しかしその多くは「お金持ちになる方法」や「ダイエット」などの巨大市場にて活躍されている「リッチ!」な方でしょう。

ではなぜ?私のような弱小者のところへ?・・・・

珍しいんだそうです(笑)

儲かりそうに無い「マイナー」な商材で勝負しているから

「リッチ」ではなく「ニッチ」と言う事!(爆)

でもそれらの申し出は全てお断りさせていただきました。

なぜって?

宣伝すればきっと今の何倍も売れることは間違いないでしょう。何しろパソコンを使わない消費者にも宣伝できるのですから。

でも・・・問題もあるのです。

あまり売れると・・・・サポートが出来なくなるのです。

購入者に対するサポートは私一人で行っておりますので、あまり売れるとサポートが追いつかないんです。

限られた時間にて行っているサポートですから。

いいんです。今のままで。

私の商材は「ニッチ」ということらしいですが、でも、私はこのテキストを書き上げた時は「絶対に売れる」と確信していました。

何しろ、今まで無かったんです。こんな本。

上手く吹ける感覚をこんなに丁寧に説明している本。無かったんです。

有名な先生方が今まで多くの書籍や教則本を出版しています。

確かに「あるレベル」の方が実践すると非常に上手くなれるんです。

でも実はその「あるレベル」に到達できないトランペット奏者の方が圧倒的に多い!と私は思っています。

本日のメルマガに登場した「彼」のように、上手い方は「知らないうちに」上手くなっているので、上手くいかなかった頃の事なんてとっくの昔に忘れています。

私の場合、トランペットを持っていた大部分の時間は上手くいかずに「悶々」としていました。
目の前がパァ~っと開けたのはほんの少しの時間です。

だから書けました。

プロの演奏家を目指しているにもかかわらずさっぱりダメだったあの頃に、もし、このような本があったら・・・・
何十万円しようとも私は買っていたでしょう。
そして音楽や演奏の厳しさと格闘し、音楽の素晴らしさに全身を浸していたでしょう。

きっとそうです。

いや、多分・・・

そうだったろう・・・と・・・思・・・い・・・たぃ・・・