トランペットの抵抗感って何?

私のところにはサイトやメルマガを通して色んな質問が寄せられます。

その多くは・・・

どうしたら高い音が出るの?

スグにバテてしまうんですが・・・

質問の内容や局所的には違ったりしても概ねこのような内容です。

このような質問に返信しているうちに、上手くいかない大きな原因の一つに「息が送り込まれていないなぁ~」と感じる事例が多かったので、前回のメルマガで「喉を開ける方法」などと称して「足上げ」などのカンタンなトレーニングを紹介してみましたが、今回はもう一つ紹介します。

と言っても、「トレーニング」ではありません。

楽器です。

ずう~っと前のメルマガでも触れたことがあったと思うのですが、「カレッジモデル」です。

高価な楽器と安価な楽器の違いはいろいろありますが、「抵抗感」という要素は確実に違います。

つまり高価な楽器は吹奏時の抵抗感の強い楽器が多く、安価な楽器は抵抗感の弱い楽器が多いです。

この抵抗感とはどのようなものでしょうか。

私はヴァイオリンに例えると「ボーイング時(弓を引く時)の、弦と弓の摩擦力の強さ」のようなものだと思っています。

弦を唇、弓を息に例えると、通常の音を出す場合、摩擦(抵抗感)が小さいと同じ音を出すにしても早く弓(息)を引かなければいけませんし、摩擦(抵抗感)が強いと正しく弦(唇)を振動させるのが難しいばかりか腕(心肺機能)が疲れます。

良い音を出すためには、最も効率よく音を出す、適正な摩擦力(抵抗感)と言うものが必要なんです。

その摩擦力がトランペットの場合「抵抗感」というものだと感じています。

トランペットはその楽器の持つ抵抗感によって最小限度の息の量にて最大限の「鳴り」を手に入れ、倍音間の音程の移動が容易になり、ログトーンの音程も安定します。

紐(ひも)を引っ張ってみれば解ります。

錘(おもり)の付いた紐(ひも)を速度が一定になるように引っ張るのは容易ですが何も付いていない、ただの紐(ひも)を速度が一定になるように引っ張るのは容易ではありません。

しかしトランペットの場合、弦(唇)も弓(息の圧力)も人によって違います。

ですから適正な摩擦力(抵抗感)も人によって違うと感じています。

ですから一つの良い楽器は全ての方にとっての良い楽器とは限らないわけです。

ヴァイオリンも最初はしっかり安定したボーイングが出来るように練習するでしょうが、トランペットも初心者の場合、しっかりと息を出す(初めから終わりまでしっかり安定した息を流す・・・ロングトーンなど)練習をします。

その際、あまり抵抗感の強い楽器だと、楽器の中に息が入り込んでいく感覚が解りにくいのではないでしょうか。

つまり、ボーイングが上手く出来ない・・・・

バイオリンの場合、ボーイングが出来て初めて良い音、悪い音、高い音、低い音、音程の良し悪しなどの問題や次のステップが見えてくるでしょう。

つまりトランペットの場合、トランペットに息が安定して送り込まれていないと、高い音も低い音も良い音も悪い音も何も、あったもんじゃないのではないか?

とも言えるのではないでしょうか?

以上のことから考えると、私は初心者は無理して高価な楽器を購入する必要は無い・・・むしろ安価な抵抗感の弱い楽器を使用したほうが良い!

と考えています。

そして決して初心者ではなくても、中級者でもなかなか良い音を、納得できる音を出せないでいる方は、今一度、昔使用していた「カレッジモデル」のような楽器を引っ張り出して、しばらくの間、じっくりと吹き込んでみてはいかがでしょうか。

今までは楽器の抵抗感に「頼って」吹いていたのでしょうから、今まで出来ていた事が、抵抗感の無い楽器では出来ないかもしれません。

楽器の抵抗感に頼っているようでは、抵抗感の無い楽器ではきっと、マトモに吹くことは出来ないでしょう。

抵抗感の無い楽器で「出来るようになるまで」がんばってみてはいかがですか?

そのように思うのは私自身、「消防団の喇叭隊」の経験があるからです。

消防ラッパに抵抗感はありません。

しかしその楽器を使用して、野外にてガンガン鳴らさなければいけませんし、倍音のみで各種の楽曲、行進曲やファンファーレも演奏しなくてはいけません。

抵抗感のある通常の楽器に比べて、スイスイ息が入っていきますので、非常にキツイです。

それでも一つ一つの音をハッキリと演奏しなくてはいけません。

上手な方にとってはただ、ひたすら辛いだけですが、未だ納得のいく音を出せないでいる方にはこの「抵抗感の無い楽器」での練習をオススメします。

 

■編集後記

私はあまり楽器そのものに執着がありませんので、楽器本体の事はあまり詳しく無いのですが、最近は楽器が安いんですね~

昔からB♭管は安いものがありましたがそれ以外の調の楽器やピッコロトランペットなどは高価なものしかなかったのに、今は数万円で手に入るなんて・・・

でも色々価格などを見ていると二極化していますよね。

安い楽器は安いですけど高価な楽器は「え~~~っ!?」て声が出そうなほどに高価ですね。

クラシックベースのプレイヤーは色んな調子の楽器を持っていますが普段の練習はB♭管にて行います。

B♭管で出ない高音はピッコロトランペットを使用しても出ないと言われております。

やはりどのような楽曲もB♭管にて練習する必要があるようです。

そう練習。

でも吹けば良い・・・というものでも無い・・・

小さい子の自転車の練習を見ていると何となく・・・

ただ乗っているだけではなかなか上手くならないですよね。

補助輪を使用しているうちは全く、と言ってもいいほど上達はしません。

でも補助輪を取り去り、真っ直ぐに走ろうとする事によって徐々に上手くなっていきます。

最初は「バタッ!」と倒れるリスクもある・・・

でもそのような中で微妙なバランス感覚の中で「力強く踏み込む」「遠くを見る」などの要点に気づき、上手くなっていく・・・

何となく似ていませんか?

トランペットに。