トランペット大好きっ子の「ある方」へ

「メールが来ない!」ということは、「苦戦している」という事だろうと理解しています。

生半可に苦しまないで、「本気」で苦しんでください。
そう、ノイローゼになるほどに。
私はそうして真実を掴み取りました。
そしてあなたにヒントを差し上げました。

もう少しですよ。きっと。

なぜなら出来るようになるとわかるのですが、本当に大したことではないからです。

がんばって、苦しんで、泣いて、くじけて、またがんばって、やっぱりダメで、ブチ切れて、泣いて、捨てようとして、捨てられなくて、やっぱりもう一度がんばって、だんだん良くなって、でも全部違う事を思い知って、笑うしかなくて、泣き笑いして、眠って、目が覚めて、何となく吹いたら・・・・・

 

「えっ?・・・これ?」

 

と感じるのではないでしょうか。

トランペットの上達って人生にも似ているような気がします。

「えっ?これ?」と思った時がターニングポイントになり、その日から全ての景色が変わるのです。

と言うのは大袈裟でしょうか?

トントン拍子に、順調に物事が進む方はよほどの才能の持ち主です。

しかしよほどの才能があっても、協力者無しで成功は難しいかもしれません。

あの「野口英世」でさえ協力者がいたからこそ進学が可能になり、研究も続けられたのです。

そうでなければ金銭感覚のない、浪費癖のある彼はとっくに借金にまみれてヤクザ者に追われ、捕らえられて人生を全うする事など到底出来なかったでしょう。

プロの演奏家の方はどうでしょう?

オーケストラの時はどのように吹くべきか。吹奏楽の時は?少人数のアンサンブルの時は?ソロの時は?各国の作曲家の楽曲の時は?

色々な事を先生という方から学び、プロとして独立してからも色んな演奏家などの方から影響を受けながら自分を高めようとします。

私の師事していた先生は当時中年でしたが、私の友人(23歳)のジャズトランペット奏者からジャズを教わっていました。
教わる時は年齢もプロ、学生も関係ないのです。

そのようなことからある意味、あなたの周りの人は全て「協力者」ともいえませんか?

私は、人生の目的は「より良く生きる事」だと思っています。

つまり演奏家を目指す方はその世界にいる全ての方から色々な影響を受けながら、自分を磨き、より良い演奏家を目指します。

あなたは演奏家ではありませんが、身の回りの方、全ての方から色々な影響を受けながらよりよい自分を目指すべき!と私は思います。

周りの方から影響を受けるには先ず、会話が必要ですし周りの方をもっと良く知る必要がるとおもいます。

周りの方を知らなければ影響も何もありませんからね。

周りの方を「観察」することから始めてみてはいかがでしょうか。

今、自分がどのようなアクションを起こしたらいいのかわからない場合は先ず、他の人をよ~く観察しましょう。

「ネット上で知り合っただけで何を知った風な事を・・・」

と感じるかもしれませんが、私はあなたよりもかなり年上ですので、コレくらい言わせてください。

参考になれば幸いです。

 

■編集後記

私は自動車がワリと好きなんですが、その自動車には「アタリ」と「はずれ」があります。
どうゆう事かといいますと、アタリの車は故障が少なくあらゆる面で調子がいいそうですが、はずれの車は故障が多く調子も悪い!と言う事だそうです。

楽器に関しても同じ事が言えるようで、先日あるプロの方のサイト(URLを忘れました)を見ていたら楽器に関する記述の中で「最近のバックの質の低下にはうんざりする・・・」という記述がありました。

私が若かった頃もバックはバラつきがあるからよく選ばないとダメなんだ!なんて言われていましたが、現在はその傾向が更に強くなってきた!ということでしょうか。

自動車の場合、最初はそれ程気に入って無くても違う車に乗り換えるまでに故障が少なく調子よければ「良い車だったなぁ」と感じるものです。

楽器のメーカーにこだわる方って結構多いのかな~と思いますが、私は調子の良い楽器ならどこのメーカーでもいいのではないのかなぁ~と思います。

自動車はディーラーの方が運んできたものに否応無く乗らなければいけませんが、楽器は目の前の楽器をゆっくりと試奏して気に入ったものを持ち帰る事が出来ますので、試奏して気に入ったもの、できればプロか、上手な方に選んでいただくようにした方がいいと思います。

トランペットは真鍮で出来ていますので、なかなか錆びて腐ったりしないのでほぼ一生物になってしまいますから。