トランペットの音・・・誤解していませんか?

今日は「いい音」について。

先日「私の音はくすんでいるそうです。良い音ってどんな音のことを言うんですか?」
「~という方と同じ音を出したのですがどうすれば・・・」

という質問を頂きました。以前から時々ですが音色について質問を頂くことがあるのですが、私は「うるさくない大きな音」と答えます。

「うるさくない」と「大きな音」は相容れないように感じますがそんな事はありません。

吹いている方の近くで聞く場合、楽器を上手に鳴らせないでいる方の音はトランペットのベルから聞こえます。強く吹くとかなり耳に障ります。

上手な方の音はベルからは聞こえません。狭い部屋の中では部屋全体が響くような感じです。
広い場所だと演奏者のいる場所とは違う場所から聞こえるような気がします。強く吹くと響きに体中が包み込まれてしまうような気がします。

私も上手く楽器を鳴らせるようになった時は「ベルから音を出す!」というのではなく、「辺りの空気を震わせる!」という感覚で吹いていました。

よく音色の違いを議論することがありますが、私はプロのレベルにおいて音色の違いはほとんどないのではないかと考えています。

熟練者でない方が熟練者と比べて音色が違うのは単純に唇が効率よく振動していないだけだと思います。

プロのオーケストラの映像を見れば解かります。

同じオケの楽団員の方でも一人一人好みの違いでマウスピースはもちろん楽器もラッカーの方もいれば銀メッキの方もいればゴールドプレートの方もいらっしゃいますが、音色に大差なく美しくハモります。

自分のカラーを大事にするポップミュージシャンの方の場合、確かに変わった音色を出す方もいらっしゃいますが、そういう方はそれなりのマウスピースを使用し、市販していない変わった材質、変わった形の楽器などを使用していますが吹き方も唇も私たちとそれほど変わりません。つまり音色を変えるのは外的要因(楽器など)で内的要因(発声や唇)は誰も彼も同じ!
音色を気にせずに調和の取れたアンブッシュアになるように様々練習すべき!と考えております。

くすんだ音色はまだ十分に唇が振動していないのではないか?
開きすぎる音、明るすぎる音は唇の粘膜を使用して吹いているのではないか?

と私は考えています。

そうだとすれば唇の振動している部分をチェックして後は練習あるのみ!ですよね。

私は昔、アレンヴィズッティ氏のクリニックを受ける機会がありました。
それまでメディアで聞く彼の音は明るいけど非常に線が細く他のプレイヤーと比べると響きが少し足りないようなイメージを持っていました。(身の程知らずにも・・・)

しかしクリニックにて聞く彼の音は非常にふっくらとして丸みを帯びた・・・当然ながら素晴らしい音色でした。

私たちは良い音、良い演奏をできる限り数多く聴きたいためにどうしてもメディアを使用して各種のプレイヤーの演奏を聴いてしまいますが、その際のプレイヤーの音は録音場所や録音の方法、録音する機材などに大きく左右されてしまいます。

そのために誤った音のイメージを持ってしまいかねません。

ですから以前のメルマガでも申しましたが、生の演奏を聴いていただきたいのです。

あなたのお手本となるのはモーリスアンドレのCDではありません。上手な方の生音です。

これに勝るものはないでしょう。

できれば近くで聞いて欲しい。叶うなら傍らで聞いて欲しい。

今のあなたがセルゲイ・ナカリャコフさんなどの演奏会などに出かけたらきっとガッカリするかもしれませんね。

なぜなら彼らの音はいつもあなたの隣で吹いている上手な方と大差ないかもしれないから・・・

 

■編集後記

トランペット上達法の販売ページをリニューアルしました。
というよりもリニューアル中!と言った方が正確ですが・・・

以前のサイトは何だかごちゃごちゃして収集つかなくなってきたので整理しようと思ったのです。

この新しいサイトでは今までの内容+私が見つけたトランペットや吹き方に関することを記述したサイトなども紹介したいと思っています。まだ工事中ですが・・・

あッあと購入者の方向けに今まで画像を使用して指導した例などをご紹介するページも設けようと思っています。

そのページはすみませんが購入者だけの特典となりますが・・・

パスワードを設定しますので、できたらまたご連絡いたします。

「トランペットが上手くなりたい!」と強く願う方にとってより一層、豊富な情報を提供できるサイトにしようと考えています。

今後ともよろしくお願いします。