吹き方に関する悩みを解決する方法は一つ

吹奏楽コンクール地方大会も佳境に入った頃でしょうか。

「音程が悪い」「人の音を良く聞け」「もっと歌え」「お前だけ遅れているぞ」

そんな風に言われた事、あるでしょう。

■音程が悪い
長く伸ばす音は合わせられますが短い音は不可能ですね。最初から抜き差し管で調整している方もいるでしょうけどその音が最初から低い場合は合わせようがありません。

■人の音を良く聞け
人の音を聞いている暇なんか今のあなたには無いはずです。だってうっかり人の音を聞いていると逆に自分の演奏が疎か(おろそか)になってしまうんですから。

■もっと歌え
歌っているつもりなのに歌えって言われても・・・しかし指揮者にはそのように聞こえていないのは事実。歌う意味が解かりませんね。

■お前だけ遅れている
不思議な現象もあるものです。自分的にちゃんと吹いているのに遅れているとは。

どれも上手でない方特有の現象です。ちゃんと楽器を鳴らせていないからそのようになってしまうんですね。

トランペットは上手だろうとそうでなかろうととりあえずマウスピース内の唇がブルブル震えていれば何がしかの音は出ます。しかし要所要所のポイントを感覚としてしっかり体で覚えないとちゃんとした音は出ません。

でもひとたび楽器を鳴らせるようになると・・・

■音程が悪い→音程が良くなる
そりゃそうです。メーカーが一生懸命作った楽器がそれほど音程が悪いわけが無いんですね。確かにトランペット又は倍音を使用する管楽器特有の音程のズレはありますが一部を除いては概ね(おおむね)音程は悪くはないものです。

■人の音をよく聞け→人の音が良く聞こえる
ちゃんと楽器が鳴っていないから自分の音が聞こえていないだけです。ちゃんと音を出せれば先ず自分の音が良く聞こえますから自分の音と他の方の音を照らし合わせる事ができるんですね。テンポや音程が合っていないと気持ち悪いので人に言われなくてもお互い合わせるようにするものです。

■もっと歌え→もっと歌いたい
ちゃんと鳴らせるようになると唇は声帯のようなものになりますので歌を歌うように演奏できるようになります。するとホンの少し音楽の勉強をするだけで驚くほど音楽的に演奏できるようになります。

■お前だけ遅れている→逆に走るようになる
音楽的な勉強やレッスンを受けた事のない方に多いのがコレです。楽器をちゃんと鳴らせるようになっても演奏が感覚だけで行われる時、ある種のリズムが正確な演奏で無い場合によくある事例です。でもまあメトロノームを使用した練習で相当良くなるのですが。

結局「ちゃんとした音を出す」事によって上記のような事例は全て解決できる!という事なんです。

よく私のところには上記のような質問が多く寄せられます。もちろん一人一人その問題に対して直接的な解答は行っていますが実のところ問題の根源は・・・・上手く楽器を鳴らせていない!という事なんです。

毎日色々練習していますよね。ロングトーン、リップスラー、音階など。それらを練習する時は常に「楽器を良く鳴らせるようになるため」の練習と捉えながら練習すべきでしょう。

■ロングトーン
ただ音を伸ばすだけでなく発声する瞬間からいい音を発声してその音を維持できるようにすべきです。
■リップスラー
音程が変わればいい、速く出来ればいいというものではありません。自分的に最もいい音の出る音程を基音にしてその音の質が低下しないように上がったり下がったりしなければいけません。

■音階
いい音を低音から高音までしっかり維持できるように、舌突きをしても音色に変化のないように練習すべきでしょう。ダイナミクスに留意しながらね。

上手くない今のあなたにとって、結局のところ全ての練習は「いい音」を探すための旅のようなものなのです。いい音を出せるようになるために。いい音であらゆる局面に対応するするために。

よく緊張している方のために「練習通り演奏すればいいから」と声をかける方がいますが、半分その通りで半分は違うと思います。

上手な方は練習通りでいいんです。練習の段階で演奏が完成していますからね。

でも上手でない方は練習通りではいけません。練習はあくまで練習。本番は本番と切り替えて考えるべきと思います。

つまり本番では今までで最も良い演奏を心がけるべきでしょう。

気負う事無く、心静かに、昨日よりもっと適正な演奏を目指して本番に臨んでくださいね。

 

■編集後記

久しぶりに「トランペット上達法」を更新しました。
別に今までサボっていたわけではありませんが^^;今になって「なぜそうするのか?」という原点を書き忘れていたような気がしたのでその辺をチョット追加したのです。
ついでに「ダブル・トリプルタンギングの章」も「ku」の発音に関してチョットだけ文章を追加しました。
そして全体的に細かく言葉使いを一つ一つ見直してみました。

また、最近サイト内にトランペットの吹き方に関する簡単なQ&Aのページを作り始めました。
こちらです。

何か参考になれば幸いです。

また同じページ内に購入者専用のページの入り口があります。内容は貧弱ですが少しずつ増やしていきますのでよろしくお願いします。

久しぶりにテキストを読んでいるうちに昔の辛かった頃を思い出しました。
この「トランペット」という楽器。
本当にヒドイ楽器だと思います。
大勢のこの楽器を愛する者達を明らかに二分するからです。

リコーダーのように音の発生させる部分が物質を用いた製品になっていると誰が吹いても同じ音が出ます。

要はトランペットも口や口腔内、体が上手に吹く方と同じように作用すれば同じようにいい音が出るんでしょうね。

しかしなかなかそれができない・・・

でも同時に「だからこそ自由になれた時の喜びも大きいのかナ」とも思います。

「壁は大きい方が良い」「山は高い方が良い」と言うのであれば「苦しみは長い方が良い!」とは?言わないか・・・^^;

でも苦しみが長ければ長いほど夜明けが訪れた時の喜びは計り知れません。ちなみに私はその場にへたり込みました・・・

上手い人から見ると楽器を鳴らせるかどうかなんて「なんてレベルの低い話をしているんだ」と思うことでしょう。でもそのように感じている上手な方は私の事を上手にしてはくれませんでした。
私はもちろん、あなたも解かっているはずです。

コレこそが今越えなければいけない壁なんだ!・・・と。