安いトランペットに存在価値は無いのか?初心者におすすめなのは

“カレッジモデル”を吹いたことはありますか?あの“ヤマハ”の最も価格帯の安いトランペットです。

最初っから高価な楽器使う?

吹いてみると良く鳴りますが“抵抗感”はまるで無いので息が吸い込まれるように入っていきます。

楽器って価格帯が高いと抵抗感があって安いと抵抗感が無くなるような感じですよね。

中高生でも最初から高価な楽器を買ってもらえる幸運な方もいらっしゃいますが大多数の方はこの楽器からスタートしているんじゃないかなぁ

でも楽器って最初から高価な楽器で練習した方が早く上手になるのでしょうか?それはどうなんでしょうねぇ

だってカレッジモデルの抵抗感の無さが逆に初心者には息を吹き込みやすいんじゃないかなって思うから。

以前消防団の喇叭隊にいた事がありますが、そこで使用するラッパはバルブの無い、A♭調の、吹奏感はちょうどカレッジモデルのように抵抗感のないものです。

その楽器で街中を行進曲などを演奏しながら行進します。2列に並んで8小説交代で吹きますが、長い時は1~2時間吹きっぱなしのときもあります。

そんな時きちんとアンブッシュアの出来ている人は逆に結構大変ですよね。だってアンブッシュアができてる人は吹いた時に抵抗感あった方がラクですからね。

でも消防のラッパ隊の人たちってほとんどトランペットの経験が無い人ばかりですし普段もほとんど練習しませんから、消防で使うラッパは抵抗感の無い方がいいわけです。初心者にとって吹いた時の抵抗感なんて邪魔なだけですからね。

ですから先ずはこういう楽器でトランペットを始めて、物足りなくなってから高価なトランペットに切り替える方がイイのかもしれませんね。

■編集後記

本日のテーマとダブりますが、以前お世話になった消防団喇叭隊!本当に私にとっては良い経験になりました。

入隊したばかりの頃は「まあ~トランペットを専門的に吹いたことのある方はいないでしょうから楽勝~」なんて思っていたらとんでもない!

入ってイキナリ「オイッ!オマエッ!!そんな吹き方じゃ誰も行進できないぞっ!!」と一喝・・・頂きました(;_;)

発音が汚かろうとなんだろうと「パッパパパッパパパッパッパッパッパッパパパッパッパーパッ」と吹きながら行進、又はマーチングをするんですね。

ところが、そんなこんなで色々やっているうちにわかったんですね。私に足りなかった事が。
トランペットの吹き方を何も知らないでイキナリ、ラッパ隊に入っても何か悪い癖がつきそうですが、皆さんのような知識を持って喇叭隊に入るのはスゴク勉強になると思います。

是非、入隊をオススメします(^^)

5~6月ごろに消防演習があり、その時に喇叭隊も野外にて演舞を行います。

聞くだけではなく参加なさってみてはいかがでしょうか?

広告