日々の目標は小さい方がいい?“一歩”では無く“半歩”前へ

早いものでもうすぐ4月ですね。4月ということでこれから新たにスタートする方向けのお話など・・・

昔ウィントンマルサリスさんが

「楽譜通りに演奏すればOKなクラシック音楽よりジャズの方がはるかに難しい」とか言ったような記事を見たことがあります。

でも私は、マイルスデイビスのようにミスを連発しても「ミスは僕のカラーだから」と言い放ち、大御所として君臨できたジャズ界も決して厳しい世界ではないような気がします。

楽譜通りに・・・といっても作曲された時代、国、時代背景などにより、音符は実は「均等割り」では無かったりします。

つまり4分音符の半分が8分音符、8分音符の半分が16分音符とは限らなかったりするのです。

音階や音程においても全ての音階や2度音程が同じ割合というわけではありません。

少し音楽をやったことのある方なら知っている事ですが・・・・

楽曲を忠実に表現しようと思うならそこまで吟味する必要があるかもしれません。

クラシック音楽も本当に奥が深いです。

誤解の無いように申し上げておきますが私はジャズにもクラシックにもその他の音楽にも偏見はありませんしウィントンマルサリスさんを超一流のトランペット奏者として敬愛していると同時に私の車のオーディオにはいつもコルトレーンのブルーノートが入っています。

超一流のマルサリスさんでさえ「こうだ!」と話しても断定的な物言いは時に関係者やファンからの信用を失う事もあるかもしれないので僕らも普段から何かを決めつけるような物言いには気をつけたいものだなぁ~ってことで・・・

可能性と目標って?

将来「こういう風になっていたい!」と強く願うとその思いが強ければ強いほどあなたの願いは確実に現実のものになるかもしれません。

まだ小学生の頃は学校の先生に「キミたちには無限の可能性がある!」っと言われたことがありましたが、その当時は「この人は何を言っているんだろう?俺が総理大臣にでもなれるとでも言うのか!」と思ったものでした。でも人生半ばを通り過ぎた今は、本当に“無限の可能性”を信じられるようになりました(笑

でもあくまで“可能性”であって、そこに“目標”がない事には何も始まりませんよね。

漠然とした目標でもいいのですが、できれば“明確な目標”だと尚結構だそうです。なぜ目標を持つべきかというと、目標を持つと今から自分がどんな行動を起こせば良いのか考えるようになるからなんだそうです。

「自分を変えたい!」「生活を変えたい!」と思い立ち、何か行動を起こそうと思っても「一体何をしたら・・・」なんてことにならないように、どのように変わりたいのかよく考えて「目標」を持ち、考えてみませんか。

ちなみに目標は小さい方がいいそうです。意外ですよね。叶いそうにない目標は無意味だそうで、がんばれば叶いそうな目標がいいそうです。ですから“一歩前へ”ではなく

“半歩前へ”

が大切なんだそうです。いずれにしましても目標のある生活には「張り合い」が出てきますし具体的な行動を取りますので日々、何らかの「成果」や「反省」があります。

自分の現状を把握し、目標を持ち、成果や反省が生まれる。

そんな風に月日を重ねたあなたの姿はどんなに魅力的でしょう。

まだお会いした事のないあなたの将来が本当に楽しみです。

 

広告