トランペットは目立つからがんばらないとね

トランペットは目立つからがんばらないとね

以前メールを頂いた方で、指揮者に「もっと楽器を鳴らしてっ!もっと!もっと!もっと鳴らすんだっ!!なんで鳴らせないんだっ!!」と言われて泣いてしまいました(;_;)

と言う方がいました。

吹奏楽部はコンクールバンド

日本には「吹奏楽コンクール」というものがありまして、全国の学生、アマチュアバンドのほとんどが決して無縁ではありません。

むしろこのコンクールでよい成績を収めるために活動するバンドが殆どでしょう。

まあ~その甲斐あってか吹奏楽のレベルは世界的に見ても非常に高いそうです。

私の若い頃はサクスフォーンのレベルはフランスと並んで世界一と言われていました。

多くの学生バンドの中には「コンクールバンド」というコンクールにおいて良い成績を収める事に傾注しているバンドもたくさんありまして、その練習中に指揮者、又は指導者に特定のパート、個人がやりだまに挙げられて泣いてしまう・・・

実はよくあることです。僕も「コンクールバンド」に居たことがありますのでよくわかります。

でも楽器を鳴らせてないのに「何で鳴らせないんだ」って言われても・・・できるわけないでしょって~の

指導者は演奏者を奮起させるために多少きつい事を言う事もありますが冒頭の発言は指揮者自身の欲求不満を演奏者にぶつけているだけに過ぎないような気がします^^;

指導者の方の中には色々な楽器に対する造詣が深い方もけっこういますよ。

「もっと硬いリードを使ってみたらどうか?」とか「指がキーから離れないように」とか「音階練習を増やしてみてはどうか?」とか。教えてくれたりします。

でもあまり音楽に関係のない仕事をしてきた指導者だとバンドの中で出来不出来が最も目立つのもトランペットですのでつい、トランペットをイジメちゃうのかもしれませんねぇ。

でも逆に言うとトランペットの強いバンドはトランペットだけでバンド全体のレベルを押し上げるほどの力を持っているのかも。

バンド全体への影響が大きいかもしれないのでその責任は大きいかもしれません。

がんばってくださいね。

過去のメルマガカテゴリの最新記事