コンクールの演奏を聴くことができました

コンクールの演奏を聴くことができました

今日たまたま車の中でFM放送を聴いていたら、幸運にも日本音楽コンクール本選にて1位入賞者による演奏会のライブ録音の放送されていました。

やっぱり1位っていいですね

今回トランペット部門は1位入賞者が2名いたようで、高見信行さんはアルチュニアンのトランペット協奏曲、もう一人の長谷川智之さんはトマジのコンチェルトを演奏していました。

両者どちらの方の演奏も素晴らしいものでした。が、やはりお若いお二人ですから結構緊張されたんではないのかな?と感じるようなミスもありましたねぇ

トランペットって調子の良し悪しがわかりやすくてイヤですよね。調子の悪さをごまかそうとしても音が伸びなかったりミスノートが出たりボリュームが出なかったり・・・

特に本番の調子は本当に大切ですよね。

昔、カナディアンブラスのライブを聞きに行く機会がありましたがその日はトランペット方の調子がとても悪そうで、聞いていても何かこう、苦しそうで、CDで聞くような感激は半減しましたが、その方はミスノートも無く、最後までプログラムを吹ききるところは「サスガだなぁ~」と思いました。

上手い人にも調子の良い日、悪い日はあります。

しかし調子の悪い日でもそれなりに吹けます。

「上達のスタートライン」に着けていない昔の僕のような方は調子が悪いと全く吹けなくなりますよね。

ラッパ吹きの実力って調子が最悪に悪い日がその方の実力なんだろうなあ~て感じます。だからなるべく調子が悪くならないように普段から「吹きすぎ」に注意したりいつも同じように練習をして、あまり変わったことをしないようにするとか。

「何事も無茶をするから上手くなるんじゃないか!」

という意見を聞いたことがありますが私はそうは思いません。

そういう方の言う無茶って“一日ぶっ通しで吹く”とか“出ない高音をマウスピースを強く押し付けて出す”とか“音が汚くなってもでかい音をだす”という乱暴なものが多いから。

どうせ無茶をするなら“2オクターブの音程をリップスラーで行う”とか“ビズッティのようにダブルタンギングでオクターブ音程を行ったりきたりする”などの無茶の方がよっぽど有益だと感じています。

調子が悪いと何かこう・・・悔しくて面白くなくて色々無茶をしたくなりますが、調子が悪い時はむしろ何もしないで休んだ方が良いのではないか?と思います。

逆に調子のいいときにいろんなことにチャレンジした方が良いような気がします。

何か自分の調子そのものをコントロールする方法があればいいんですけどね。

 

過去のメルマガカテゴリの最新記事