コツさえ掴めばトランペットは簡単だった!大事なのはコツですよ

コツさえ掴めばトランペットは簡単だった!大事なのはコツですよ

学生の頃よく有名演奏家の演奏をヘッドホンで聴きました(大きな音で聞くので)そして空想するのです。自分がそのように吹いているところを(照

本当は・・・

CDの演奏家はあらゆる楽曲を本当に見事に、軽々と演奏してしまいます。

ダブルトリプルタンギングを使用する素早いフレーズを軽やかで滑らかに。

高い音をドカーンと出したり。

一人で吹いているのにまるで二人で演奏しているかのように。

全く呼吸を行っていないのでは?と感じさせたり。

「オレにこんな演奏は一生ムリ!」て思ったものです。

しかし何度も何度も聞いているうちに「本当はああいう演奏カンタンなんじゃないのか?」て思うようになりました。

ダブルトリプルタンギングってそんなに難しくないんじゃないのか?

高い音ってそんなに気張らなくてもカンタンに出るんじゃないのか?

難しそうな変奏曲も指さえ回れば実はカンタンなんじゃないのか?

実際に、有名演奏家はカンタンそうに吹いていますからね。

もちろん高い次元でコントロールするのは凄く難しいでしょうけど、ド下手もいいところの私は以来、ズゥ~っとそんなふうに考えるようになりました。

「きっと必ず簡単にそんなふうに吹けるコツがあるはずだ」と・・・・

つまり、トランペットを上手に吹く「コツ」さえ知っていればそのような演奏はスグにでも可能ではないかと考えたわけです。

(祝)“コツ”を掴みましたッ!

もちろん当時の私は逆立ちしても出来ませんでしたが、何年経っても出来ない自分に合点がいかなかったのです。

人はなぜ、皆同じような体つきをし、同じような唇を持ち、同じように呼吸をし、同じように生活をし、同じような楽器を使用しているのに上手い人と下手な人に分かれてしまうのか?

相手が異性なら私が「オレを愛して欲しい」と言っても「あなたはわたしのタイプじゃないから・・・」

って断られても仕方がありませんが相手は物言わぬトランペット・・・・

でも僕がいくら愛しても彼女(トランペット)が私に振り向いてくれた事は一度もありませんでした。

しかしそれから10年後、バッタリ出会った彼女(トランペットですヨ)に「もう一度考え直して欲しい。君と別れたあの時から僕の時間は止まったままなんだ」と、毎日哀願しているうちに彼女がついに振り向いて・・・・

と、陳腐なラブストーリーにもならないような話になってしまいましたが、つまり上手に吹くコツを掴んだ私が感じたのはやはり、「上手に吹くコツ」が解れば、誰でもあの有名演奏家のような演奏は努力次第で十分に可能なんだ!と、言う事でした。

オレの考えは正しかった!

25年前、おバカで世間知らずだった私が学生時代に考えた事は真実だったんですね。

例えば「ベニスの謝肉祭の変奏曲」ってありますよね?

色んなプレイヤーが演奏していますので聴いたことはあると思いますが、あの曲の最後の変奏曲は、私は一生かかっても演奏は無理かもしれないと思っていましたが、「コツ」を掴んでからは「出来そう」になりました。

楽譜だけ見ると一瞬のうちに1オクターブ以上の跳躍を行うわけですから通常では到底出来そうに無いように感じますよね?

しかしベニスの謝肉祭の最後の変奏曲は基本的に真ん中のドを吹くような感じで息を吹き込みながらアクセントの付いている音を強く発っするだけで自然と1オクターブ低い音程の音が出るんです。

つまり、一瞬、強く息を出す事でマウスピースのカップ内の唇が一瞬大きく震えることで労せずにオクターブ前後の低い音が出るのです。

ですから演奏者の音をよ~く聞いているとアクセントの付いている音は低ければ低いほど大きな音になっているのに気が付きませんか?

大きく発声するほど低い音が出るからです。

跳躍して演奏しよう・・・などと考えていては本当に一生あの曲を演奏するのはムリでしょう。

どんなことにも“コツ”がある

ですから未だ自分の「吹き方」と言うものに満足していない方は、その「コツ」を毎日の練習の中で常に探そうとする必要があると思います。いや、探してください。

どんな事でも練習する場合、そのようなコツを探し、見つけることによって上達するのです。

トランペットも例外ではありません。

コツを探し見つけるのが「練習」なんです。

しかし、時々質問のメールの中に「良い音ってどんな音ですか?」「どうすれば良い音が出ますか?」「高い音ってどうやって出すのですか?」「マウスピースを押し付けないようにするにはどうすればいいですか?」

同じ方から1日ごとに何日もこのように質問を受ける事があります。

疲れます。

このような方は自分の抱える問題を全て人任せにしているんでしょうね。

■編集後記

以前、小学校の運動会の模様を取材していた地元タウン誌のカメラマンがある父兄に「幼児性愛者だ!」として警察に通報されました。

父兄はカメラマンだとは知らなかったそうですが、知らされた後も頑なに「自分は幼児性愛者の被害者だ」と言い張ったそうです。

最近地元の郊外の大型店のトイレに変質者が出没するらしく警察が注意を呼びかけているそうです。

一人でトイレに行けるようになった3~7歳くらいの女の子や男の子が個室へ入ったところを狙うのだそうです。親は何も知らずにトイレの入り口で待っている・・・

被害者の女の子でその後、子宮摘出手術を受けた子もいるそうです。

最近また性犯罪のニュースが増えてきました。娘を持つ私にとっても他人事ではありません。

私達の想像を遥かに超える変態

異常に神経質な親

「夜出歩くんじゃない!」「そんな短いスカートを穿くんじゃない!」

と親から言われた事はありませんか?

「なぜ?」

なんて聞いたり考えたりする必要はありません。

知っても到底理解できませんからね。

あなたを社会悪から遠ざけてくれるのはクラスメートやメルトモではありません。

親の言葉だけです。

中、高校生の君達はくれぐれも忘れないで欲しい。

君達はまだ「未熟」なんだということを。

過去のメルマガカテゴリの最新記事