トランペットの吹き方よりも“どう吹くか?”って考えた方がいいですよ

最近、若い熱心な学生さんとのメールのやり取りで再認識したんですが皆さん・・・

勘違いしていますよ!

そう思ったのは先日の質問メールでし高い音を出すときに腹筋に力をいれアパチュアを狭くして高い音をだすのですか?

と言う質問を頂戴しました。

あなたはどう思いますか?
あなたもそのようにして吹いていましたか?

実はこの辺が上手くなるか?ならないか?の分かれ道になるだろうと強く感じています。

私の出した回答は以下です。

■回答
こんばんは。里屋です。

まるで逆です。

高い音を出す(出そうとする)→アパチュアが小さくなるような感じがする→腹筋に力が入る・・・です。勘違いの無いように。

ワケが解からないかもしれませんが感覚的にそうなんです。

最初からお腹に力を入れたら力みを無くすことは出来ませんしアパチュアなんてものを大きくしたり小さくしたりコントロールしたりできるとも思えませんし・・・

重いものを持ち上げる時に持ち上げる直前に腕や体中に力が入りますか?うんと重い物でも事前に体中に気合は入っても力やリキミはありませんよね?

手が滑らないようにしっかり持って、持ち上がるように力を入れますよね?

そういうのと全く同じだと思うんです。

吹く前にお腹や口の形を作るためにあれやこれやとあちこちに力を入れたり形を作るものではないと思うんです。

~ここまで~

この回答の通り重いものを持つ時と吹くという行為は全く同じではないかなぁって思うんですよね。

もう一つ例を挙げると歌かなぁ。

歌を歌う時に声帯のあそこをこうしてああして・・・などと考えるでしょうか?考えないですよね。
イントロを聞きながら歌いだすタイミングと最初の歌詞と音程を考えながら歌い出しますがそれ以外に体のことを何か考えたりするでしょうか?

歌声を大きくする時に「もっと息を出そう」とか高い声を出す時に「声帯を締め付けよう」って考えますかねぇ

単純に「大きな声を出そう」「高い声を出そう」って考えますよね。トランペットもそういうふうに吹くべきなんじゃないかなぁ。

重いものをスッと持ち上げるように・・・全く無意識に、全く反射的に。

天才!って言われる人ってたぶん荷物の持ち方ってある程度最初からあって、持ち方よりもそれをどこに移動するのか?を考えているんだろうって思います。

「吹き方!」などというものを考え過ぎるあまり・・・・自分で上達を妨げているかもしれませんよ。

広告