上手い人とヘタな人の違いとは?どう練習すればいい?

上手い人とヘタな人の違いとは?どう練習すればいい?

吹奏楽コンクール地方大会も佳境に入った頃でしょうか。

「音程が悪い」「人の音を良く聞け」「もっと歌え」「お前だけ遅れているぞ」

そんな風に言われた事、あるでしょう。でも何を言われているのか?ピン!っとこない人も多いと思いますので一つ一つ考えてみましょう。

要は“上手な人”と“下手な人”の違い

■音程が悪い
いい音が出てない。ちゃんと鳴ってないんですから音程が合うはずもなく、ずれていてもよくわかりません。

■人の音を良く聞け
人の音を聞いている暇なんか今のあなたにはありません。だってのんびり人の音なんか聞いてたら自分の演奏が疎か(おろそか)になってしまうんですから。

■もっと歌え
歌っているつもりなのに歌えって言われても・・・しかし指揮者にも誰にもそのように聞こえていないのは事実。歌う意味が解かりませんね。

■お前だけ遅れている
不思議な現象もあるものです。自分的にちゃんと吹いているのに遅れているとは。これもちゃんと吹けない人の特徴です。

どれも上手でない方特有の現象です。ちゃんと楽器を鳴らせていないからそのようになってしまうんですね。

トランペットは上手だろうとそうでなかろうととりあえずマウスピース内の唇がブルブル震えていれば何がしかの音は出ます。しかし要所要所のポイントを感覚としてしっかり体で覚えないとちゃんとした音は出ません。

でもひとたび楽器を鳴らせるようになると・・・

■音程が悪い→音程が良くなる
倍音がちゃんと出るので音程の良し悪しが非常にわかりやすくなります。

■人の音をよく聞け→人の音が良く聞こえる
ちゃんと楽器が鳴っていないから自分の音が聞こえていないだけです。ちゃんと音を出せれば先ず自分の音が良く聞こえますから自分の音と他の方の音を照らし合わせる事ができるんですね。テンポや音程が合っていないと気持ち悪いので人に言われなくてもお互い合わせるようにするものです。

■もっと歌え→もっと歌いたい
ちゃんと鳴らせるようになると唇は声帯のようなものになりますので歌を歌うように演奏できるようになります。するとホンの少し音楽の勉強をするだけで驚くほど音楽的に演奏できるようになります。

■お前だけ遅れている→逆に走るようになる
音楽的な勉強やレッスンを受けた事のない方に多いのがコレです。楽器をちゃんと鳴らせるようになっても演奏が感覚だけで行われる時、ある種のリズムが正確な演奏で無い場合によくある事例です。でもまあメトロノームを使用した練習で相当良くなるのですが。

結局「ちゃんとした音を出す」事によって全ての問題は解決できる!という事なんです。

どんなふうに練習をすれば?

■ロングトーン
ただ音を伸ばすだけでなく発声する瞬間からいい音を発声してその音を維持できるように。
■リップスラー
音程が変わればいい、速く出来ればいいというものではなく、ゆっくりでいいのでスパッと音程が変るようにしなければいけません。

■音階
いい音を低音から高音までしっかり維持できるように、舌突き“有り”とか“無し”とか。

上手くない今のあなたにとって、結局全ての練習は“いい音”を探すための旅のようなもの。いい音を出せるようになるために、いい音であらゆる局面に対応できるようになるために普段からいい発声で音を出しましょう。

■編集後記

この「トランペット」という楽器。本当にヒドイ楽器だと思います。

大勢のこの楽器を愛する人達を明らかに二分するから。

リコーダーのように音の発生させる部分が物質を用いた製品になっていると誰が吹いても同じ音が出ます。

トランペットも口や口腔内、体が上手に吹く方と同じように作用すれば同じようにいい音が出るはずなんです。

しかしそれがなかなかできない・・・

でも同時に「だからこそ自由になれた時の喜びも大きい」

「壁は大きい方が良い」「山は高い方が良い」と言うのであれば「苦しみは長い方が良い!」とは?言わないか・・・ハハ^^;

でも苦しみが長ければ長いほど夜明けが訪れた時の喜びは計り知れません。私はあの夜その場にへたり込みました・・・

上手い人から見ると楽器を鳴らせるかどうかなんて「なんてレベルの低い話をしているんだ」って思うことでしょう。でもそのように感じている上手な方は私の事を上手にしてはくれませんでした。

あなたも解かっているはずです。コレこそが今越えなければいけない壁なんだ!ということを。

過去のメルマガカテゴリの最新記事