高名なメソッドさえやれば上手くなる?さぁそれはどうですかねぇ~

アーバンなどの高名なメソッドをやれば上手くなるっ!っと思ってませんか?

その通りですがそうではありません

「~をやれば上手くなる」っていうのは期待値の大きさって言うか“願い”って言うか“望み”っていうか・・・

メソッドやエチュードは自分を上手くしてくれる魔法の薬ではありません。

メソッドやエチュードに関わらず普通の楽曲でも、どんな楽曲も「上手く出来るように吹く」というのが正しいスタンスであって「コレさえやれば上手くなる!」なんて考えはとんだお門違いなんですね。

出来るように吹いて、その結果出来るようになった時、「上手くなった」と言えるのでしょう。

アーバンを実際にやってみると・・・・・

最初は単調なエチュードばかりでスグに飽きてしまいますね?(笑)

リップスラー、跳躍、アルペジオなどはゆっくりであれば出来ますが速度をチョット上げただけでもうだめですね(爆)

大多数の方が途中で挫折しているのではないでしょうか?

アーバンの単調なエチュードの中にも必ず意味があります。

ところが吹き方の悪い方はいくらこのエチュードをやってもその意味すら理解できません。

キチンと吹き方の出来ている人はその意味をかみしめながらエチュードを吹くことが出来ます。

つまり、キチンと楽器を鳴らすアンブッシュアが出来てない人は、どんな高名なメソッドをやってもムダだということです。

トランペットが本当に大好きなのに、その吹き方に悩んでいらっしゃる方にとってはとても残酷な言い方で本当に悪いんですが事実です。

私自身もそうでしたし同じように「ラッパ吹き」になることを目指していたのにその想いを果たせなかった人をたくさん知っているからこそハッキリと言えるんです。

今はダメな自分の吹き方としっかり向き合って、「どうすればいいのか、何が悪いのか・・・」と考えに考えることが重要です。

上手な友人に相談する。書籍を読む。プロの先生に教えを請う。いろいろ方法はあると思いますが一番いいのは “最近急に上手くなった人に聞く” ですね(^^)

自分の口のどこがどうなってそういうふうに音が出るようになったのか?以前とどこがどういうふうに変ったのか?

聞ければいいんですけどねぇ~

もし上手な人からその辺が聞ければ、そして自分もパリッとした音が出せるようになったその時こそそれらエチュードが役に立ちます。上手くなるのが先か?それともエチュードが先か?っと問われれば

上手くなるのが先です。

広告