足上げ

トランペットを吹く時のどは閉まるもの

真っ赤な顔して吹いているのに全然音の出ない方っていますよね。ああいった方の中には実は「のどが閉まっている」方もいると思います。
息を止める方法は3つあります。

■息を送るのをやめる
■のどを閉める
■舌で止める

このうち「のどを閉める」は実は無意識のうちにそうなってしまう場合が多々あるんですね。
なぜならそれは人間の持つ反射的な体の動きの一つだからです。

重いものを持ち上げる時に「ヨッ!」っと息止まるでしょう?
熱いお風呂に我慢して入る時「あ゛ッ!」って息止まるでしょう?
咳をする(のどが閉じたり開いたりする)

それらと同様に大きな音を出そうとして、高い音を出そうとして力んだ時にやっぱりのどが閉まってしまう方も多いのです。人間にとってのどを閉じるのはとても自然な体の動きの一つなんですね。

のどを開けるにはどうすればいいのか

このように反射的に閉まるのどもトレーニングをすることで開くようになります。
要は力んだ時にのどが閉まらなければいいわけです。そこで私は「足上げ」を奨めています。
足上げは先ず床に寝転がったら両足のかかとを握りこぶし一個分床から浮かせて、その状態を維持します。実際にやってみると結構ツラいので最初は10~20秒程度しかできないかもしれませんが、毎日行っていると1~2分くらいできるようになります。

注意すべきは・・・
■決して呼吸を止めたりしない
■できたらおしゃべりしたり歌を歌えれば良い
■無理をしない(筋トレではないので)

こんなようなことを暫くの間続けてみてください。必ずその効果を感じることができると思います。