リラックス

必要な時に自分で自分の心と体をリラックスさせるのは難しいのではないと私は思います。しかし自分でリラックスしやすい環境を作ることは誰にでも可能だろうと思うのでリラックスについて少しだけお話したいと思います。
リラックスには心のリラックスと体のリラックスがあると思います。

心のリラックスとは?
不安な気持ち、恐れる気持ち、あせる気持ち、怒れる気持ち、などが無くどちらかと言えば楽しい気持ちやイケイケな感じの中に注意深さもあるというか、要はストレスがたまりにくい心理状態の時を「リラックスできている」というのではないでしょうか。

では体のリラックスとは?
骨格を覆っている筋肉が必要十分な部位が必要十分なくらい機能していてその他は上手に脱力できている状態

どうすればリラックスしてトランペットが吹けるのか?

すでにお話した腹式呼吸良い姿勢で吹くにヒントがあると思います。
良い姿勢で腹式呼吸をすることで・・・・

■常態的に深い呼吸をしているので精神的安定を得やすい
■バランスの取れた正しい骨格の使い方をするので筋肉や骨格に対するストレスが少ない
■背骨が理想的なS時を描くことで神経系統の伝達に良い影響がある

と言えるでしょう。
ですから正しい姿勢で、腹式呼吸で、トランペットで演奏をすることを楽しみながら吹ければその行為自体が精神的リラックスにつながるという良い循環になると思います。

ヨガでリラックス

有名な演奏家の方も取り入れる「ヨガ」yoga01

僕は取り組んだことがないので詳細に触れることはできませんが、僕の解釈では

ある種の体の動きを伴いながら深いゆっくりとした呼吸を乱すことなく連続させることで心身のリラクゼーションを図る

というのがヨガだと考えています。「ある種の体の動き」というのはストレッチに近いものがありますがそれだけではないようです。
実は私、昨年から一つだけ行っているヨガの体操があるんです。この体操を始めてから明らかに生来からの「便秘」が改善されました。ほんの1分か2分、1日に1回行っているだけなんですけどね。もし同じように便秘でお悩みでれば試してみてくださいね。

 

瞑想でリラックス

日常的に、または本番直前に瞑想をしてリラックスした状態を得ようとする方も多くいらっしゃいます。image7

どの方面のプロの方も本番で100%のパフォーマンスをするためには心身ともにリラックスしている必要があることを熟知しているからでしょうね。

瞑想そのものは決して難しくはないと思います。難しいのは「無の境地」を作り出すこと。
やってみると解りますがどうしても、どうしても邪念というか様々な事が頭の中に浮かんできて無の境地に辿り着けないものです。
でも本番前のたった1分でもそうした無の境地を作り出そうとする行為自体に意義があるのかもしれませんね。本番に弱い方、緊張で押し潰されそうになる方は是非試してみる価値があると思います。