楽器が下を向きます

質問

後輩のことなんですが、力にまかせてなのかものすごく唇にマウスピースを押しつけて吹いていて、ベルもすごく下を向いてしまっています。音もカスカスで痛々しく聴こえます。

力を抜いて構え方を変えるように教えてはいるのですが、普段あまり目が届かないためうまくいっていないようです・・・何かいいアドバイスありませんか?

回答

吹いた結果楽器が下を向くのは決して悪いことではありません。その証拠に天才と言われているセルゲイナカリャコフさんはまるでクラリネットでも吹いているかのようなスタイルです。

しかし一般にはあまりよいとは言えませんね。

顔に対して直角になる必要はありませんが少なくともベルが前を向くようにすべきでしょうね。

また練習時、足は肩幅と同じくらいに開いて足の裏側にちゃんと自分の体重をカンジながら吹くのが大切です。

そうすることにより体のあちこちに余計な力が入るのを防ぐ効果があります。

ベルが下を向く彼は下唇を巻き込んではいませんか?

歯のかみ合わせにもよりますがほとんどの方は下の歯が上の歯よりも引っ込んでいるのでそのままでもトランペットは下を向きます。さらに巻き込むと下唇が薄くなるので更に下を向くことになるでしょう。

私の場合は楽器を吹くと下唇が少しだけ前に出ます。

巻き込むでもなく逆にむき出すでもなくそのまま前に。

もしかしたら無意識のうちに自然と自然な位置まで下あごが前に出ているのかもしれません。

下あごもよく前に出すべきなどとおっしゃる方もいますが私は一度も意識的に前に出そうとしたことはありません。

明らかに知らないうちに、口が最も吹きやすい鳴らしやすい状態を探し出していたのでしょう。

もし正しい下あごの位置を知りたければ口だけでトランペットを吹いているような口を作って「プーーーー」っと息を吹いた時に真っ直ぐ前に息が出るところが正解だと思います。

真っ直ぐ前に息が出ているところで歯をかみ合わせてみた時、下のあごが少しだけ前に出ていませんか?

その彼になんと言えばいいのか解りませんが

肩幅くらいに足を開いて体重を感じる
ベルが前を向くように構える(やや下でOK)
唇は巻き込まない突き出さない
下あごの位置について

このくらい教えてあげればいいのではないのでしょうか。