スランプの時の練習はどうすればいいですか?

質問

私は今 高校1年生なんですがスランプになってしまったのか、高音域をリップスラーでやると、雑音がはいったりして以前のように 吹けません。

口もすぐにばててしまいます。 今までスランプになったことがなく、今がスランプなのか、下手になっただけなのかも分からない状態で、基礎練習は毎日やっていますが一向に戻りません。どうしたらいいのでしょうか?

回答

スランプの時は何をやっても上手くいかないものです。吹いている時間が苦痛以外の何者でもないほどに感じる時もあります。

だからと言っていい加減な練習をしていてはいけません。なぜならスランプを脱出した時の飛翔の仕方が違うからです。

つまりスランプだからと言っていい加減な練習をしたり吹かなかったりするとスランプを脱出した時は以前の自分のままですが、スランプ中も集中力が途切れないように練習できるとスランプを脱出できた時、以前よりもパワーアップした自分がそこにいるのに気が付くものです。

ところでなぜ高音域のリップスラーなんでしょうか。

シェイクかなんかの練習でしょうか?

スランプの時はできない練習をしても意味はありません。

できる練習をしましょう。おそらく今までできていたことができなくなっているでしょう。

できないことをできるように練習するよりもできる事を確実にできる事を確認するような練習のほうがいいと思います。

例えば小さな音のロングトーンとかさらにクレッシェンドしてデクレッシェンドするようなロングトーンとか、更にはゆっくりなリップスラーとか。

リップスラーは音の切り替えに注意を払うといいです。音程がずり上がったりずり下がったりしないように。

クリッと音程が切り替わるように吹くように努めるといいでしょう。

ゆっくりとした奴でいんんで

音階もゆっくりとした奴でいいんで舌つき無しと舌つき有りで

余裕があればアルペジオも舌つき無しと舌つき有りで。まぁ~余裕があればですが。

できないことをできないテンポで、できない音域で行うのは全く持って無意味です。

できる事をできるテンポで、できる音域で練習してください。