上手くなりたきゃカネを払いやがれッ!トランペットは弦楽器に似てね?

いい楽器使えよ

昔から“いい楽器じゃないと上手くなれない”って言われます。なぜかと言うと、いい楽器にはあってそうでない楽器には無いもの・・・それは

抵抗感

最安レベルの楽器だと無いんだけど高級品には必ずあるんですね。上手くなるためにはシッカリと抵抗感のある楽器で練習する必要があります。

なぜ抵抗感が必要?

大きな音を出したりスムーズに音程を移動させるのに必要不可欠なのが“抵抗感”だからです。でもなぜ必要なのでしょうか?それは弦楽器に例えるとわかりやすいかもしれません。

トランペットの“抵抗感”ってちょうど弦楽器の弦と弓の“摩擦力”と似ていると思います。

弦楽器と似ている?

弦楽器も弦と弓のちょうどいい摩擦によって小さな音や大きな音が容易に出ますしスムーズな音程の移動も可能になります。逆にこの“適度な摩擦力”がないといい音は出ません。

しかしだからといって抵抗が強すぎると疲れますし早い演奏も困難です。逆に抵抗が無いと大き音が出にくくコントールも難しいし・・・やっぱり疲れます。

このボーイングする時の抵抗がトランペットで言う“抵抗感”って言えるのではないでしょうか。

“ある程度”の楽器が必要

トランペットも上手くなるにはそれなりの楽器が必要です。結局“張りのあるいい音”も、“スムーズな音程の移動”も

吹く力と吹きっ返しの絶妙なバランスの中で行われますからね。

何も50万円以上するような楽器じゃなくても、20万円前後で十分にいい楽器があると思います。そういう楽器でその楽器が本来持ち合わせている抵抗感を感じながら常に練習できれば

上達は早いと思います

抵抗感は強からず弱からず・・・楽器やメーカーによっても違うので楽器を選択する時は慎重に行わなければいけません。

アンブッシュアのできている人でも楽器を選ぶのは非常に難しい作業になります。

楽器は楽天!?

楽天で楽器を探してたら“プロによる選定品”がけっこうあったので、自分で選ぶ自信が無ければこういう楽器を通販で購入するのもいいですね。

プロが選んだトランペットはこちら

自分で選ぶよりも全然安心かも

ちなみにリンクから入ったページを見るとほとんどの選定品がBachかYAMAHAですね。簡単に特徴を紹介すると、Bachは抵抗感が少し強めでYAMAHAはBachより弱め。

同じMLボアでもBachの方が大きいので実際に持ってみるとYAMAHAよりBachの方が大きく重く感じます。しかし設計上バルブハウジングがBachの方が体に近いので、身体の大きくない方は逆に構えやすいかもしれません。(昔のcustomのハナシです。現在のYAMAHA XenoはBachに酷似しているようですが・・・どうでしょうね)

あとどのメーカーもそうだと思いますが、支柱なしよりは1本支柱、1本支柱よりも2本支柱の方が抵抗感が強くなる傾向があると思います。

一般にBachはアタリ・ハズレが大きくYAMAHAは小さいって聞いた事があります。ですからBachをチョイスしたい方は間違いなく選定品を選んだ方がいいでしょうね。